被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を

新 着

戦争体験集の発行記念し発表懇談会

 太平洋戦争開戦から77年の8日、宮古市で体験集『戦争の時代を生きて』第3集の発行を記念した発表懇談会が開かれました。宮古・下閉伊地域の戦争を記録する会(前川慧一代表)が主催し、70人が参加しました。  体験集に寄稿・証 …

日米地位協定見直せ 岩手県議会が意見書可決

 岩手県議会は13日の最終本会議で「米軍基地負担の軽減と日米地位協定の見直しを求める意見書」を、日本共産党(3人)を含む賛成多数で可決しました。自民党、創成いわての一部、無所属議員が反対しました。  意見書は、憲法改悪反 …

北上かわら版が届きました

北上かわら版1127号 (2018/12/13) 平和への決意新たに 12月8日太平洋戦争開戦の日にあたって 北上かわら版1126号 (2018/12/6) ちひろ生誕100年 子どもたちの幸せと平和を願って

政権打倒へ本気の共闘 4野党が合同街頭演説

 臨時国会の会期末となった10日朝、県内の日本共産党、国民民主党、自由党、社民党はJR盛岡駅前で、4野党合同街頭演説を行いました。  各弁士は、安倍政権がまともな審議なしに「数の力」で入管法改定、漁業法改定、水道法改定な …

「新いわて」が発行されました

新いわて741号 (2018/12/9) 国会を愚弄する暴走許さない 市民+野党で 安倍政治変えよう

太平洋戦争開戦77年 県母親連絡会が「赤紙」配布 憲法9条は戦死者の遺言

 太平洋戦争開始から77年の8日、岩手県母親大会連絡会(鈴木まき子会長)は、盛岡市で戦時中の「赤紙」(召集令状)の写しを配り、安倍9条改憲阻止の3000万人署名への協力を訴えました。  鈴木会長らは「憲法9条は戦争で亡く …

《お知らせ》4野党合同街頭演説が行われます

【お知らせ】  岩手県内の4野党合同の街頭演説が行われます。 日時:12月10日(月)7時50分~ 場所:JR盛岡駅前 弁士: 〇髙橋 元 国民民主党岩手県総支部連合会副代表/県議会議員  〇関根 敏伸 自由党岩手県総支 …

県議会 斉藤県議が一般質問 被災者支援 見守りの改善要求

 岩手県議会で6日、日本共産党の斉藤信議員が今任期最後の一般質問に立ちました。達増拓也県政の実績を検証しつつ、県民の命とくらしを守る切実な課題を取り上げました。  斉藤氏は、津波被災者の医療費や介護保険利用料等の免除を8 …

「宮古民報」が届きました

宮古民報1591号(1) (2) (2018/12/9) 国保の被災者医療費等免除 来年12月まで継続・延長 宮古民報1590号(1) (2) (2018/12/2) 議会改革へ各地で意見交換 初日は4会場で48人の参加 …

陸前高田 戸羽市長で復興さらに 勝利へ決起集会

 陸前高田市長選(来年1月27日告示、2月3日投票)を前に、戸羽ふとし市長(53)を擁立する党派を超えた市民団体「あたらしい陸前高田市をつくる市民の声」は2日夜、市内で「市民みんなの大集会」を開き、330人が参加しました …

1 2 3 164 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.