被災者最優先の復興と住民が主人公の県政を

新 着

のだ民報が届きました

のだ民報 2015年7月号外

久慈市民報が届きました

久慈市民報 2015年7月号外 おのでら 久慈市民報 2015年7月号外 城内

早乙女勝元氏迎え、釜石で「市民のつどい」

太平洋戦争で二度も艦砲射撃の被害を受けた釜石市で11日、作家で東京大空襲戦災資料センター館長の早乙女勝元さんを招いた「戦後70年、戦争と平和を考える市民の集い」が開かれ、釜石艦砲射撃を体験し、語り部をしている和田乙子さん …

戦争法案強行採決許さない! 一関で緊急パレード

7月9日、岩手県一関市で「第3回戦争法案ストップ緊急パレード」が行われ、70名余の市民が参加しました。 出発集会で、佐藤謹一郎代表が「岩手県議会も29対14のダブルスコアで法案廃棄を決議した。セブンイレブンの ネットプリ …

久慈市で戦争法案廃案求めパレード

 8日、久慈地域労連の呼びかけをうけて、久慈市で戦争法案廃案を求め、40人が駅前から商店街をパレードしました。「戦争法案反対」といった得ると、店から外に出てきてデモを見る人たちもいました。 男子小学生も「戦争はいやだ!」 …

戦争法案の廃案求める意見書 岩手県議会が可決

岩手県議会は最終本会議の8日、「安全保障関連法案を廃案とするよう強く要求する」という意見書を賛成多数で可決しました。自民党と公明党が反対し、いわて県民クラブの一部も反対しました。都道府県レベルで戦争法案廃案を求めた意見書 …

県立千厩病院の泌尿器科、眼科の常勤医師確保を求める要望

7月7日、日本共産党県議団(斉藤信県議団長)と一関市議団(菊地善孝団長)は、八重樫幸治県医療局長にたいし、県立千厩病院の泌尿器科、眼科の常勤医師確保を求める要望を行いました。 一関市内の旧東磐井地域の基幹病院としてその役 …

被災企業支援拡充を 斉藤県議「国の制度延長ぜひ」

岩手県議会商工文教委員会で6日、日本共産党の斉藤信議員が、津波被災地の中小企業の復旧についてとりあげました。 商工会議所・商工会の調査(6月1日)では営業再開は72.8%で、2月調査と比べて0.9%、40事業所減少しまし …

雫石町議選告示 西田氏が第一声 高卒まで医療費無料に

 雫石町議選が7日告示(12日投票)され、日本共産党現職の西田まさひろ氏(70)が、現有議席確保にむけて第一声をあげました。定数16(4減)に19人が立候補しました。 西田氏は「大震災の救援活動を見て入隊した自衛隊員を戦 …

« 1 132 133 134 168 »
PAGETOP
Copyright © 日本共産党岩手県委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.