菊地よしたか

藤野あきお

石山けん

岡田もとみ

菅野つねのぶ

臨時国会冒頭での衆院解散が濃厚になるなか、一関市議選が24日告示(10月1日投票)されます。日本共産党現職の菊地よしたか(63)、藤野あきお(63)、石山けん(73)、岡田もとみ(54)、菅野つねのぶ(72)の各氏は現有5議席確保をめざして全力をあげています。

共産党市議団は市民運動とも力を合わせ、高すぎる国保税の1世帯6300円の引き下げ、来年度からの高校までの医療費無料化、介護施設の整備―などを実現させました。

5氏は、市議選勝利で安倍政権に審判を下し、野党と市民の共闘に誠実に取り組む共産党が総選挙で躍進する流れを強めようと訴えています。

また、市民の暮らしと福祉を守るために▽国保税の1世帯1万円の引き下げ▽学校給食費の非課税世帯の無料化、小学生までの医療費の窓口負担ゼロ▽住宅リフォーム助成の継続・拡充などを実現させると強調。市がため込んだ基金220億円を活用すれば、財源は生み出せると提起しています。

総選挙を前にして、公明党が北朝鮮の核・ミサイル問題を使った反共攻撃を行うなど、他陣営は必死に動いています。

共産党両磐地区委員会は、北朝鮮問題は経済制裁の強化と一体に「対話と交渉による解決」の努力をはかることの重要性を強調。宣伝と対話・支持拡大に総力をあげています。