「久慈市民報」届きました 台風被害 遠藤市長に要望

久慈市民報1807号 (2016/10/14)

台風被害 これまでにない抜本的対策を~日本共産党久慈地区委員会 遠藤市長に要望

%e4%b9%85%e6%85%88%e5%8f%b0%e9%a2%a810%e5%8f%b7%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c 日本共産党久慈地区委員会は12日、遠藤市長に「台風10号による豪雨災害の復旧・復興に関する要望書」を提出しました。橋上地区委員長、おのでら・城内両市議が参加し、「要請内容は、3・11大震災時の市の対策と今回の宮古市・岩泉町の対策を基本としたもの」と説明しました。

遠藤市長、一田総合政策部長ら4名が出席し、遠藤市長は「要請内容はよく理解できる。現在、財源確保について精査している。国に対して、せめて熊本県なみの支援をお願いしたいと、19日には宮古市長、岩泉町長と各省庁に要請に行く予定」と述べました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です