九戸村議選 久保氏が第一声 国保 子どもの均等割免除を

九戸村議選が4日告示(9日投票)され、日本共産党の久保えみ子候補(61)=現=が、現有議席確保へ第一声を上げました。定数12を15人が争う激戦です。

久保氏は「村議選と参院選で共産党を伸ばし、消費税10%増税を中止させよう」と強調。国保税を1世帯1万円引き下げ、子どもの均等割を免除させると訴えました。

村が強引に進める施設一体型小中一貫校では教員が3分の1に減らされ、行き届いた教育ができなくなると批判。2300人の署名を無視せず、見直すべきだと力説しました。

久保氏は、県立九戸診療センターの入院施設への復活、住宅リフォーム助成の拡充に力を尽くすと主張。村の基金(41億円)の一部を使えば、福祉を守る財源は確保できると述べました。

斉藤信県議は、県内初の学校給食費の半額助成など「久保さんは村民の願いを届け、村政を動かしてきた」と指摘。村議選勝利で安倍政権に審判を下そうと呼びかけました。野党統一の木戸口英司参院議員、紙智子参院議員からの激励メッセージが紹介されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です