八幡平市議選あす告示 国保税引き下げへ全力

高橋えつろう氏

八幡平市議選(定数18=2減)が4月17日告示(24日投票)されます。前回に続く定数削減の下で、日本共産党の高橋えつろう(68)=現=、斉藤たかお(64)=新=の両氏は、現有2議席確保へ猛奮闘しています。

党市議団は市政に積極的な提案を行い、コロナで苦しむ中小の宿泊業者への助成金、高校生までの医療費無料化、通学定期への補助率引き上げなどを実現させました。

ロシアのウクライナ侵略に市民が心を痛めるなか、高橋、斉藤の両氏は、国際世論の包囲で戦争を止めるために党として全力をつくすと表明。危機に乗じた9条改憲は許さないと強調しています。

斉藤たかお氏

両氏は、岸田政権の悪政で市民の生活が苦しさを増し、市の予算の使い道が問われていると指摘。命と暮らしを守るために▽国保税の1世帯1万円の引き下げ▽学校給食の無償化▽全ての子どもの保育料無料化などに取り組むと訴えています。

財源は、建設費が24億円にも膨らんだ大更駅前「顔づくり施設」の計画見直しで生み出せると提起しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。