北上市議会 ロシアのウクライナへの侵攻を非難する決議

北上市議会は3日、「ロシアの軍事行使によるウクライナへの侵攻を強く非難し武力攻撃に反対する決議」を全会一致で可決しました。

決議は、今回の侵攻を「国連憲章に基づく平和の国際秩序そのものを根底から突き崩すもの」とし、「今、緊急に求められることはウクライナの人々の命と主権を守ること」と明記し、「北上市議会は、ロシアによるウクライナへの武力攻撃に強く反対する」としています。

日本共産党の鈴木健二郎議員が提出者となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。