北上市議会は1日、日本政府に対して「核兵器禁止条約」に署名・批准することを求める意見書を、日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。公明党、自民系無所属の議員らが反対しました。

意見書では「『朝鮮半島非核化』の動きが始まったいまこそ、日本は唯一の戦争被爆国として、地球上の核兵器廃絶に向けた国際間の調整役など主導的役割を果たすべきです」と強調しています。

意見書可決は、岩手県被団協が提出した請願の採択を受けたものです。請願の採択に先立ち、県被団協の下村次弘事務局長が2つの会派に趣旨を説明していました。

これで岩手県内33市町村議会のうち、9割を超す30市町村議会(90.9%)が意見書を可決したことになります。