北上市議選必勝へ 日本共産党演説会

Exif_JPEG_PICTURE

北上市議選(20日告示、27日投票)で2議席確保をめざす日本共産党演説会が6日、同市で開かれました。

高橋千鶴子衆院議員は市議選が地方から国政の流れを変える政治戦になると強調。戦争法廃止の世論を加速させ、参院選の野党統一候補勝利と、共産党躍進・比例8人以上の当選へつなげようと呼びかけました。

宮城の野党共闘の政策協定が戦争法だけでなく、米軍新基地反対や原発再稼働反対、格差是正などでも一致したと紹介。政策合意には、安倍政権の民意無視という共通点があり、国民の共同が進めば野党合意と共闘はさらに広がると力を込めました。

鈴木健二郎市議は、戦争法廃止の市民運動が党が大きな役割を果たしたと力説。非正規雇用の比率が県内一高い北上市で正規雇用拡大や住宅リフォーム助成事業の復活を実現させると表明しました。

安徳すみ子市議(インフルエンザのために代読)は、子どもの医療費助成拡充や特別支援学校分教室などの実績をあげたと報告。国保税引き下げや介護施設の建設の実現に奮闘すると訴えました。

吉田恭子参院岩手選挙区予定候補もあいさつしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です