4久慈での懇談日本共産党久慈地区委員会は、10月19日、久慈市役所で遠藤譲一(じょうじ)市長に会い、「戦争法廃止の国民連合政府」の提案について懇談しました。

橋上辰夫委員長は、戦争法廃止の政府を実現するために、党として選挙協力を含めて大きく足を踏み出したものだと説明しました。

小野寺勝也、城内仲悦の両久慈市議は「安倍内閣は『憲法解釈は政府の責任で行うものだ』とあからさまに立憲主義を否定し、憲法の上に政権を置く独裁政治へ進んでいる」と発言しました。

遠藤市長は、戦争法廃止にむけて「野党がまとまっていくことが大事だ。その点で思い切った提案ですね」と評価。「戦争法強行で日本がISからの攻撃の的にならないか心配だ」と語りました。