IMG_4698 参院岩手選挙区(改選数1)の、きどぐち英司野党統一候補の当選に向けて、生活の党の小沢一郎代表は13日、佐々木順一県連幹事長の案内で日本共産党県委員会を初めて訪問し、菅原則勝委員長や斉藤信県議と和やかに懇談しました。

小沢氏は「(統一候補擁立で)今回は岩手でも全国でも大変お世話になっています。共産党の人たちは熱心ですね。各地の野党合同街頭演説にも、たくさん来てくれる」と感謝の言葉をのべました。

菅原氏が「昨年の岩手県知事選(無投票当選)で5野党党首が盛岡市に集まったのが、いまの野党共闘の源流の一つになったと思います」と語ると、小沢氏も「きっかけになったね」とうなずきました。

また小沢氏は、野党共闘で共産党の志位和夫委員長と実際に話を重ねてきた感想として、「志位さんは本当に純粋な人ですね。驚きました」と話しました。

さらに小沢氏は、参院選で野党共闘が成功すれば「安倍政権を退陣させられる。政権を代える第一歩になる」と強調し、菅原氏も、参院選は政権を取るスタートの選挙だと考えていると表明。両氏は今後の奮闘を誓い合いました。