自由党の山本太郎共同代表(参院議員)は19日、北上市で街頭演説を行い、自民党前職との大激戦となっている岩手3区で小沢一郎候補=無所属=を必ず当選させてほしいと力説しました。

小沢候補を自主的支援する日本共産党の鈴木健二郎北上市議らもマイクを握りました。

山本氏は、安倍政権の「アベノミクス」で貧困と格差が広がるなかで、国民の生活を豊かにすべきだと主張してきたのが小沢候補だと強調。若者にも「投票へ行こう。小沢一郎に入れよう」と呼びかけてほしいと訴えました。

鈴木氏は、共産党は「3区は小沢一郎、比例は共産党と書いて」と指示を広げていると紹介。市民と野党の共闘で木戸口英司参院議員を誕生させたように「小沢候補を国会に送るために力を合わせよう」と強調しました。

木戸口氏は、小沢候補が安倍一強を倒すために野党結集を呼びかけてきたと説明。野党共闘の発祥地の岩手から政治を立て直そうと語りました。

最後に山本氏は「私は比例で共産党へ入れます」と述べました。