自由党岩手県連の木戸口英司参院議員と関根敏伸幹事長は24日夕、日本共産党岩手県委員会を訪れ、総選挙(22日投開票)に無所属で立候補した衆院岩手3区の小沢一郎氏(自由党共同代表)への支援に感謝を表明しました。菅原則勝委員長と斉藤信県議が応対し、来県した高橋千鶴子衆院議員が同席。今後の野党共闘について、なごやかに懇談しました。

菅原氏は、総選挙直前に重大な逆流が生れたもとで、「岩手では知事選や参院選で築いてきた野党共闘の力が問われた。3区の勝利は全国からも注目されています」と強調。木戸口氏は「3区の共闘は全国のモデルといってきた。この流れを岩手からさらに広げたい」と表明しました。

菅原氏は「大激動のたたかいのなか、共闘は新しい段階に入り始めた。次の参院選や知事選に向け、さらに探究していこう」と呼びかけました。木戸口氏も「安倍政権とどう対峙するかを議論していけば、野党協力のあり方も見えてくる」と応じました。