日本共産党の吉田恭子岩手1区候補(比例重複)は、10日、盛岡市で元気よく第一声を上げました。

吉田候補は「6歳の娘の母として子どもたちの未来を守る。戦争法廃止、憲法9条改悪阻止を掲げているのは1区では私だけ」と強調。市民と野党の共闘、共産党の躍進が安倍暴走政治を変える力になると訴えました。

菅原則勝県委員長と斉藤信県議団長、労働者後援会の金野耕治会長、こどもたちの平和な未来を守るパパ・ママの会いわての高橋奈々子代表も応援の演説をしました。