高橋比例候補が訴え 比例支持広げぬこう

 日本共産党の高橋ちづ子衆院比例候補は27日、岩手県花巻市で街頭演説を行い、東北での比例2議席獲得と岩手3区の小沢一郎候補(野党統一)の勝利で「政権交代を実現しよう。周りの人たちにも『選挙に行こう』と呼びかけてほしい」と熱く訴えました。

高橋氏は、岸田政権がコロナ禍でも国のベッド削減計画を撤回せず、推進する財源に消費税をあてていると批判。「ベッド削減をやめさせ、医師と看護師を増員する仕事を引き続きさせてください」と強調しました。

米価暴落対策や気候危機打開など新しい日本をつくる「四つのチェンジ」に全力で取り組むと表明し、「どれも政権交代をすれば実現できます。『比例は共産党』と広げ抜き、必ず勝たせてほしい」と力説しました。

拍手した代の男性は「演説に勇気づけられた。支持者に『家族にも広げて』と頼むと、応えてくれる人もいる。支持拡大を最後まで頑張る」と決意を述べ、歳の女性は「対話は苦手だが、周りに少しでも支持を広げる」と語りました。

高橋氏は北上市と盛岡市でも訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です