4野党、達増知事によびかけ 木戸口氏勝利へ協力を

4野党が知事と懇談参院岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補として木戸口英司氏=元知事政務秘書=を擁立した日本共産党県委員会、民進党県連、社民党県連合、生活の党県連は23日、達増拓也知事に会い、4野党の「確認書」と「政策協定書」の内容を説明し、勝利にむけた努力を呼びかけました。

共産党の菅原則勝委員長、民進党の高橋重幸幹事長代理、社民党の細川光正幹事長、生活の党の佐々木順一幹事長が参加しました。

達増知事は「昨年の知事選で野党が県民党的に結集し、無投票当選の流れをつくった。野党が参院選でも共闘を実現し、統一候補が木戸口氏になったのは自分のことのようにうれしい」と表明。安保関連法反対など参院選の「政策協定書」は知事選の公約と一致していると話しました。

また、「安保関連法で立憲主義と平和の危機を迎えている。岩手から日本を変えるのは県民が力を合わせればできる。私も一緒に頑張りたい」と決意を示しました。

共産党の菅原氏は、木戸口氏は達増知事の片腕として奮闘し、国政で即戦力として活躍できる唯一の候補者だと強調。「共産党の候補者と同じように、木戸口氏の必勝をめざして全力でたたかう」と語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です