平泉町議会は14日に開いた臨時会で、「共謀罪」(テロ等準備罪)の新設に反対し、法制定の中止を求める意見書を日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。無所属議員が反対しました。

同意見書は、「共謀罪」法案で対象となる組織的犯罪集団の定義は曖昧(あいまい)なままであり、「乱用されれば思想の抑圧、人権侵害や市民監視の強化、運動への委縮効果をもたらしかねない危険性は何ら変わっていない」と警告。「実際の行為や結果が生じなければ罪には問われない、現行刑法の基本原則に反する」と批判しています。

県内で法案反対の意見書を可決したのは花巻市議会、奥州市議会に続いて3つ目です。