二戸市議会は15日、「戦争法」制定に反対する意見書を、日本共産党(2人)を含む賛成多数で可決しました。公明党などが反対しました。

意見書は、国際平和支援法と平和安全法制整備法案は「戦争を放棄し、戦力の不保持を定めた憲法に反することは明らかであり、戦争を準備するための『戦争法案』と言うべきものだ」と指弾。2法案制定断念を強く求めると迫っています。