二戸市議会は21日、「憲法9条の改定に反対し、憲法を生かした政治の実現を求める意見書」を、日本共産党(2人)などの賛成多数で可決しました。反対は公明党、自民系無所属の議員ら。安倍首相が憲法9条改定を表明して以後、改定反対の意見書可決は県内で初めて。

意見書は「内閣総理大臣が与党内での協議も合意もないままに憲法9条改定について期限を切って踏み込むことは異常で極めて重大なやり方」と批判。9条3項に自衛隊を明記することは「9条を180度転換させるもので、絶対に容認できません」としています。