戦争法案廃案求める意見書 一戸町議会

一戸町議会は9日、「国際平和支援法」及び「平和安全法制整備法」の廃案を求める意見書を日本共産党の菅野敦子議員を含む全会一致で可決しました。

同意見書は、▽国民的議論なきままに提出された2法を撤回または廃案とする▽国の安全保障に関わる重要事項ととらえ、国民の意見を真摯な態度で汲み取り、十分な議論を尽くしたうえで提出し、決定する――ことを迫っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です