核兵器禁止条約交渉「参加を」 金ケ崎町議会が意見書可決

金ケ崎町議会は13日、日本政府が国連の核兵器禁止条約交渉に参加することを求める意見書を、日本共産党の阿部隆一議員などの賛成で可決しました。公明党と保守系無所属の議員らが反対しました。

意見書は、核兵器廃絶を宣言した金ケ崎町として、交渉に日本政府が反対し、不参加を決めたのは「極めて遺憾である」と指摘しています。

禁止条約が発効すれば、生物・化学兵器のように核兵器は国際法上も「違法」になると強調。日本政府は交渉に速やかに参加し、締結のために努力すべきだと要求しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です