野田村議会は14日、日本政府がすみやかに核兵器禁止条約に署名し、国会が承認することを求める意見書を日本共産党の宇部武典議員などの賛成多数で可決しました。保守系無所属の議員が反対しました。

意見書は、禁止条約を採択した国連会議に日本政府が、核保有国とともに参加しなかったことを「全国の広島・長崎の被爆者は、恥ずかしく、悲しく、怒りをもって迎えた」と指摘。唯一の戦争被爆国である日本が禁止条約締結へ向けて先頭に立つべきだと強調しています。

また洋野町議会も同日、同じ趣旨の意見書を日本共産党の久慈裕子議員を含む全会一致で可決しました。

両意見書の可決は、ヒバクシャ国際署名岩手の会、平和環境久慈地区センターが連名で提出した請願の採択をうけたものです。

これで県内での意見書可決は4市町村議会なりました。