山田町議選告示 木村洋子さん第一声 小中学校完全給食を

DSCF1822 山田町議選が1日告示(6日投票)され、日本共産党の木村洋子候補(57)=現=が現有議席確保へ第一声をあげました。定数2減の14に対して新人9人を含む19人が争う激戦です。

町議会は戦争法案廃案を求める請願を共産党以外の多くの議員の反対で不採択に。木村候補は「戦争法案は絶対にダメだ。廃案に向けて全力をあげる」と決意を表明しました。

木村候補は、津波で被災した県立山田病院の再建などを実現させたが、今後も被災者の命と暮らしを守る復興に力を尽くすと強調。▽同病院の医師と看護師の確保▽小中学校での完全給食の実施▽窓口負担なしの高校までの医療費無料化を実現させると訴えました。

いわぶち友参院比例予定候補は「町議選勝利で戦争法案と被災地切り捨てを推進する安倍政権に審判を下そう」と呼びかけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です