3市1村議員選挙で7人全員当選!

7月26日投開票の3市1村の議員選挙で日本共産党は7人の候補者全員が当選しました。

二戸市議選では定数18(4減)を23人が激しく争うなか、ともに現職の畠中泰子氏(60)がトップ、田口一男氏(65)が6位で当選し、現有2議席を確保しました。両氏は計1994票を獲得。前回比で29票、衆院比例比では961票増やしました。

7滝沢・仲田氏当選ばんざい 滝沢市議選では定数20に新人13人を含む23人が立候補する大激戦の末、桜井博義氏(64)=現=が8位、仲田孝行氏(62)=新=が17位で当選し、現有議席を守り抜きました。

久慈市議選では定数24に対して新人8人を含む28人が熱戦を繰り広げ、ともに現職の城内仲悦氏(66)が2位、小野寺勝也氏(72)が15位で当選。現有2議席を確保しました。

DSC_0145 野田村議選では定数12を13人が競い、現職の宇部武典氏(73)が5位で当選を果たし、現有議席を守りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です