岩手県知事選告示 たっそ候補4選を 国政4野党訴え

  参院選に続いて市民と野党の共闘でたたかわれる、岩手県知事選が22日告示(9月8日投票)されました。日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党が推薦する、たっそ拓也候補(55)=無所属、現=が、4選をめざして力強く第一声をあげました。

自公が推薦し、いわて県民クラブが支援する及川敦候補(52)=同、新=との一騎打ち。東日本大震災津波からの復興や暮らしを守る施策を進めてきた達増県政を継続・発展させるのか、国の悪政持ち込みを許して県民に冷たい県政にするのかが最大の争点です。

たっそ候補は、「危機を希望に」と復興に取り組んできた経験をふまえ「幸福を守り育てる希望郷いわて」へ県政を発展させると強調。被災者の医療費・介護保険料等の免除を来年も継続し、子どもの医療費窓口無料化を中学生まで拡充すると訴えました。

4野党代表がそろって決意を表明。共産党の菅原則勝県委員長は「被災者の医療費免除継続、中学生までの医療費窓口無料化、国保税軽減など4つの柱・14項目の政策協定を結んだ。『県政与党』として、61人の党地方議員と一緒に必勝をめざす」と述べました。

斉藤信、高田一郎、千田美津子の党県議も紹介されました。

これに先立つ出陣式では共産党の志位和夫委員長、国民民主党の小沢一郎衆院議員らの必勝メッセージが披露されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です