奥州市議会は22日、米海兵隊MV22オスプレイの配備の即時撤去を求める意見書を、日本共産党(4人)を含む賛成多数で可決しました。公明党(2人)、保守系無所属の議員らが反対しました。同趣旨の意見書可決は、県内の自治体では初めてです。

意見書では、沖縄県名護市の浅瀬に墜落・大破したオスプレイについて、「岩手県を含め、全国での飛行訓練ルートが設定されており・・・沖縄県にとどまらない問題である」と強調。オスプレイの日本m国愛での訓練を中止させ、撤去を要求すべきだと迫っています。

同市議会は、新任務をもった自衛隊の南スーダンへの派遣中止を求める意見書、農協改革・指定生乳生産者団体制度維持に関する意見書、「農業者戸別所得補償制度」の復活を求める意見書も、賛成多数で可決しました。