宮古市議選が15日告示(22日投票)されます。日本共産党は現職の田中たかし(72)、おちあい久三(76)の両氏を擁立し、2議席絶対確保をめざします(前回は無投票当選で3議席獲得)。定数6減の22を有力25人が争う大激戦となる見込みです。

党市議団は、東日本大震災津波や台風10号災害(2016年)からの復興に尽力。被災者の医療費や介護保険利用料の免除継続、泥だしのために使った水道料金の軽減などを実現させてきました。

市議選に向けて、田中、おちあいの両氏は▽高すぎる国保税の1世帯1万円の引き下げ▽高校までの医療費無料化、小学生までの医療費窓口負担ゼロ▽被災者が暮らす災害公営住宅の家賃軽減▽県立宮古病院の医師確保▽年金で入れる特養ホームの増床ーなどに取り組むと訴えています。

両氏はまた、森友疑惑や自衛隊イラク派兵「日報」隠ぺいの真相を究明しない安倍政権に対して、市議選勝利で厳しい審判を下そうと強調しています。