宮古市議選あす投票 特養ホーム増床ぜひ 3氏が全力

1人はみだしの大激戦が続く宮古市議選が24日投票されます。日本共産党の田中たかし、おちあい久三=ともに現職=、洞口昇一=元=の3候補は「1増の3議席獲得で住民要求のさらなる実現を」と懸命に訴えています。

3候補は、▽国保税の大幅軽減▽国民年金で入れる特養ホームの増床▽学校給食の無償化ーなどに取り組むと強調。漁業の大打撃を与える原発汚染水の海洋放出を撤回させると力説しています。

党の公約を知った市民からは「特養ホーム増床はすばらしい。初めて共産党に入れる」「汚染水放出を止めてほしい」と期待の声が寄せられています。

ロシアによるウクライナ侵略の報道で「ロシアは共産党だったのでは」と疑問を抱く市民には、旧ソ連時代からの覇権主義とのたたかいなどを党員が説明しています。

党宮古地区委員会は「最後までの奮闘で3議席獲得への道を切り開こう」と、対話・支持拡大に全力をあげています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。