紫波町の「新春のつどい」に高橋衆院議員 紫波町議選・参院選の勝利を

 日本共産党紫波町委員会・同後援会主催の「2019年新春のつどい」が高橋千鶴子衆院議員を迎えて120名の参加で開催されました。

つどいには急遽欠席となった木戸口参議院議員(野党統一)からの連帯のメッセージが紹介されました。つづいて

今年予定される町議員予定候補者の細川恵一・及川ひとみ両町議があいさつを兼ねて町政の課題について訴えました。

来賓の藤原紫波町副町長が震災の際に沿岸部の被災者にたいして共産党議員や党員が献身的に奮闘したことに対して感謝を交え挨拶を行いました。

高橋千鶴子衆議院員は、国会に提出された政府統計のずさんさとその影響が多くの国民に長年にわたって負担や損害を与えてきたことを指摘し、間もなく開かれる、閉会審査に向けて他の野党と共に問題を明らかにしてゆく決意を力を込めて報告をおこないました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です