来年の選挙での市民と野党の共闘の前進、日本共産党の躍進をめざして、党岩手県委員会は16日、盛岡市の県民会館で、小池晃書記局長を迎えての演説会を開催し、1350人が参加しました。

 来年の地方選挙の予定候補者が紹介され、斉藤信、高田一郎、千田美津子の3県議と庄子春治盛岡市議団長が決意表明。斉藤氏は、「震災からの復興は道半ばで、正念場を迎えている。被災者と被災地に心を寄せた復興を全力で進める」と語りました。

 小池氏は、参院比例選で紙智子参院議員をはじめ7人の全員当選、岩手選挙区での野党統一候補の勝利とともに、統一地方選と延期選挙で、東日本大震災からの復興に向けて大きな役割を果たしてきた日本共産党の躍進を訴え、大きな拍手に包まれました。

 沖縄県名護市辺野古での米軍新基地建設にともなう土砂投入強行について、「安倍政権は、民意を無視し、法律も守らない。これは沖縄だけの問題ではなく、日本の民主主義、法治主義の問題だ。絶対に許すわけにはいかない。辺野古の海、日本の民主主義を守れの声を岩手からともにあげよう」と呼びかけました。

 臨時国会で出入国管理法、漁業法、水道法の改悪などが強行されたと告発し、「議論すると問題が出てくるからと採決を強行する。国民に説明できず、納得させられないからだ。これは安倍政権の強さではなく、行き詰まり、破綻の表れだ」と強調しました。

 安倍政権を倒せるかどうかは「市民と野党の本気の共闘にかかっている」と指摘した小池氏は、「岩手選挙区でも野党統一候補を何としても実現しよう。本気の共闘が実現すれば、そのうねりが複数区、比例区にも広がり、安倍政権を大敗に追い込むことができる」と強調。そのためにも共産党が伸びることが必要だとして、「いまから共産党の風を大きく吹かせましょう」と力を込めました。

 達増拓也知事、5市町長、4つの協同組合県連合会、自由党の小沢一郎代表、社民党県連合の小西和子代表からメッセージが寄せられました。