久慈市議選(7月14日告示)と洋野町議選(6月11日)を前に、12日、日本共産党の岩渕友参院議員を迎えた演説会が開催されました。

久慈市で岩渕氏は、景気が落ち込んでいる時に消費税10%増税を強行すべきではないと指摘。大企業に中小企業並みの税負担を求め、軍事費を削減すれば、消費税に頼らずに社会保障の財源を生み出せると語りました。

岩渕氏は、住民の立場で物を言い、政治を前に進めてきたのが共産党だと強調。「党の支持を広げ、参院比例代表で紙智子さんを必ず国会へ送ろう。岩手選挙区では横沢たかのり統一候補の勝利を」と訴えました。参院選と同日投票予定で現有2議席をめざす城内仲悦氏=現=、はしかみ洋子氏=新=への支援を呼びかけました。

城内、はしかみの両氏も「2議席を守りぬき、市民の声を市政に反映させる」と表明。横沢氏からのメッセージが紹介されました。

 洋野町では、くじ裕子氏=現=とともに、参院選・町議選での支援を訴えました。