13450971_928139917331916_8091678673889595522_n 参院岩手選挙区の、きどぐち英司・野党統一候補の勝利をめざす盛岡市議有志の会が16日、同市で結成されました。日本共産党(5人)、民進党、社民党、無所属の15人が賛同しています。

代表に選ばれた高橋重幸氏(民進)は「岩手から、きどぐち氏を国会に押し上げ、安倍政権の暴走を阻止しよう。会にはさまざまな政党や個人が参加しているが、安倍首相の『野合』攻撃に負けないように奮闘しよう」と訴えました。

きどぐち氏が駆けつけ、「県都・盛岡で市議のみなさんと一緒にたたかえるのは心強い。政治は地域や個人に光をあてたものにしないといけない。安倍政権ではダメだ。参院選でよい結果を出すために力を貸してほしい」と呼びかけました。

同会の副代表には鈴木礼子(共産)、細川光正(社民)、守谷祐志(無所属)の各氏、事務局長には庄子春治氏(共産)、事務局次長には千葉伸行氏(民進)を選出。当面の活動として▽野党合同街頭演説(19日正午、盛岡駅前)の成功▽合同街頭宣伝の実施などを決めました。