憲法記念日の3日、日本共産党の斉藤信県議と庄子春治、髙橋和夫、神部伸也、鈴木努の各盛岡市議と三田村あみこ党市議団事務局長が、盛岡駅前で72回目の憲法記念日にあたっての街頭宣伝を行いました。
斉藤県議は、「改憲機運高まらずー72%」との同日付の朝日新聞の世論調査を紹介し、安倍首相は憲法9条改憲への異常な執念を見せているが、安倍改憲に反対する国民の運動の高まりも示されていると強調。「9条に自衛隊を明記することは、9条の1項、2項を死文化し、文字通り軍隊として海外で戦争する国づくりを進めることになる。いま必要なことは、憲法を変えることではなく、憲法をないがしろにしてきた安倍政治を変えることだ」と訴えました。
庄子春治盛岡市議は、「安倍首相の下での憲法改正を許さない大きな世論を広げると同時に、国政を私物化しあらゆる分野で暴走を重ねる安倍政権に、来たる参院選できっぱり審判を下し、安倍政治さよならの選挙にしよう」と呼びかけました。

Follow me!