盛岡市議選 多数乱立で大激戦 子育て財源示す党を

13日投票の盛岡市議選は、定数38を50人が争う大激戦・大混戦です。日本共産党の庄子春治(72)、髙橋和夫(84)、かんべ伸也(49)、鈴木つとむ(41)、三田村あみこ(40)の5候補=いずれも現=は「物価高騰から暮らしを守る党の5議席を」と懸命に訴えています。

5候補は、子育て支援3つのゼロ(3歳未満の第1子保育料、小学校給食費、医療費と国保均等割)を実現させると強調。市の年間予算の1.1%で可能だと示しています。

少ない年金で入れる特養ホームの増床、補聴器購入の補助に取り組むと主張。現有5議席確保で、保険証廃止へ暴走する岸田政権に盛岡から審判を下そうと呼びかけています。

党の政策を知った有権者からは、「小学校給食費はぜひ無料に」「補聴器購入補助をお願いしたい」との声が寄せられています。

多数乱立で他陣営は必死です。維新はユーチューブで、財源の確保に住民のための施設をなくしていく意向を公言しています。れいわ、参政党は代表や副代表が東京から応援に駆けつけました。

共産党盛岡地区委員会は、論戦でリードしているものの、現状では議席後退の危険があると判断。支持拡大の担い手を広げる「折り入って作戦」で局面を打開する構えです。

9、10の両日には穀田恵二国対委員長・衆院議員が、9日には岩渕友参院議員が応援に入ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です