達増拓也知事は1日の記者会見で、沖縄県知事選で玉城デニー氏が圧勝した結果を問われ、「翁長雄志前知事の志が引き継がれた形になった」「(辺野古の)米軍基地問題をめぐる県民の民意が玉城デニー知事を通じて実現していくことを期待する」と述べました。

官邸丸抱えの候補をデニー氏が大差で破ったことについて、達増知事は「民意は大事だということが教訓だった」と指摘。普天間基地のような危険な基地を廃止するためといって、「敗戦直後でもないのに、全く新しい外国軍基地を国内に新たに造ることが本当にいいのか」が問われたと語りかけました。

朝鮮半島で平和のプロセスが進むなか、安全保障環境は改善に向かっており、「日本全体として、在日米軍のあり方について変えていく時がきている」との認識を示しました。