岩手県知事選 達増知事が共産党県委を訪問

 岩手県知事選(8月22日告示、9月8日投票)への4選出馬を表明した達増拓也知事は21日夕、日本共産党県委員会の事務所を初めて訪れ、知事選での推薦を要請しました。菅原則勝県委員長、斉藤信県議団長が応対しました。

共産党県委員会は前回の知事選で、被災者の医療費・介護保険利用料の免除継続などの復興の取り組みを評価し、達増知事を自主支援。16日の記者会見で達増知事は「無所属で立候補するが、共産党、国民民主党、社民党、立憲民主党に推薦要請する」と発表していました。

達増知事は、途上にある復興をやり遂げ、「いわて県民計画」を実行するために4選出馬を決意したと強調。「ぜひ推薦していただき、連携を強めていきたい」と話しました。

菅原、斉藤両氏は、前回の知事選で5野党党首(当時)が達増知事の支持を表明したことが、全国にも誇れる市民と野党の共闘の流れをつくったと指摘。「今回は参院選を知事選と連動してたたかえるので、達増知事の決断を大変心強く思います。私たちも勝利へ力を尽くしたい」と語りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です