img_6570 戦争法強行採決(2015年9月19日)から1年を前にした16日夕、2000万署名岩手の会は盛岡市で「戦争法廃止をあきらめない!緊急デモ」を行い、130人が参加しました。

主催者からは、「参院選では岩手も含めて11の1人区で野党統一候補が勝利した。戦争法を廃止し、南スーダンPKOへの自衛隊派兵を阻止する運動を強めよう」との訴えがありました。

参加者らは「9・19忘れない」「戦争しない未来をつくろう」などと唱和しながら、繁華街を元気よく行進し、沿道の注目を集めました。

職場の同僚と参加した39歳の男性=医療関係=は「沖縄への米軍ヘリパッド建設を見ても、安倍政権の暴走はひどい。国民がもっと声をあげないと」と話していました。