「戦争法廃止!アベ政治を許さない!」 革新懇が宣伝

 岩手県革新懇と盛岡革新懇は3日昼、盛岡市大通で「戦争法廃止!アベ政治を許さない!」宣伝を行いました。自衛隊の新任務付与の撤回と南スーダンからの撤退を求める署名への協力を呼びかけました。

参加者らは、安倍政権は南スーダンへの派兵に加え、世論を無視してTPP(環太平洋連携協定)承認案、年金カット法案、カジノ法案の採決強行を続けていると批判。安倍政治を一日も早くやめさせようと訴えました。

30分間で26人がサイン。74歳の女性は「日本は70年も平和だったのだから、『殺し、殺される』戦場へ行く必要はない。私は自民系の人間だが、国会での採決強行には頭にきている」と語気を強めました。

80歳の女性は「自衛隊から一人でも犠牲者を出しては、絶対にダメ」と話し、62歳の男性は「自衛官の家族は心配していると思う。内戦状態の南スーダンへの派兵は憲法違反だ」と語っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です