「戦争法法が強行された19日は忘れない」 盛岡で昼デモ

8月戦争法昼デモ 憲法改悪反対岩手県共同センター、いわて労連、ピースアクションいわては19日、盛岡市で戦争法廃止と改憲阻止をめざすデモ行進をしました。2000万人署名岩手の会が共催し、60人が参加しました。

出発前に、いわて労連の金野耕治議長は、安倍政権は参院選で憲法問題を争点から隠して多数を得たが、選挙が終わったとたんに改憲に着手しようとしていると批判。自民党改憲案の中身を暴露するとともに、憲法9条の意義を知らせていこうと呼びかけました。

残暑のなか、参加者らは「戦争法を発動するな」などとコールしながら元気に行進。34歳の男性=医療関係=は「3歳と5歳のめいを戦場へ行かせたくない」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です