「政治を変えよう」 野党結束 「市民ネット」盛岡でデモ

総選挙での市民と野党の共闘勝利で政権交代をー。「いわて市民ネット」は18日昼、盛岡市で緊急デモ行進に取り組み、約60人が参加しました。

出発前に立憲民主党県連、日本共産党県委員会、社民党県連合の代表があいさつ。立民・横沢高徳副代表(参院議員=野党統一)は、「政府のコロナ対応は遅すぎる。国民の命と暮らしを守るために政権交代の実現を」と訴え、社民・木村幸弘代表は「戦争法廃止へ、自公政権を打倒する時だ」と強調しました。

共産・斉藤信副委員長は、17日に3野党が野党共闘の確認書に調印し、2区と3区を統一候補でたたかうことにした」と報告。1区では共産党が立民県連、社民県連合に支援を要請したと語り、政権交代を成し遂げるために全力をつくすと説明しました。

参加者は、「選挙に行って政治を変えよう」「野党は共闘、市民が協力」などと元気よく唱和しながら、繁華街を行進。通行人の注目を集めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です