岩手県革新懇と盛岡革新懇は3日、盛岡市の繁華街で安倍9条改憲に反対し、森友疑惑の真相究明と安倍政権の退陣を求める宣伝を行いました。県革新懇の国分博文事務局長らがマイクを握り、3000万人署名への協力を呼びかけました。

国分氏らは、森友疑惑に対する国民の怒りが安倍政権を追い詰めていると強調。世論をさらに高め、安倍昭恵氏など関係者全員の証人喚問を実現させて、「安倍政権には、もう退陣してもらおう」と訴えました。

春休み中の中学生らが「9条知っている」「戦争を起こしてはダメ」と足を止め、35分で40人が署名。30歳の男性=製造業=は「(ウソをつく)安倍首相は許せない。森友疑惑に関わっているなら真実を語るべきだ」と話しました。

82歳の女性は「素人から見ても、昭恵氏は森友疑惑に関与していると思う。本当に潔白なら、なぜ本人が国会に出てきて直接しゃべらないのか」と批判しました。