「消費税10%増税も社会保障改悪も困る」-各界連が署名宣伝

8月各界連が宣伝消費税廃止岩手県各界連は24日昼、盛岡市で消費税10%増税の中止を求める宣伝を行い、署名を呼びかけました。

参加者らは、安倍政権は参院選が終わったとたんに、社会保障の大改悪を進めようとしていると批判。税金は能力に応じて集め、くらしや社会保障の充実に最優先で使うのが憲法の理念だと強調し、「国民の怒りの声で安倍政権を包囲しよう」と訴えました。

署名をした54歳の女性会社員は「参院選で争点を隠して多数を得ながら、選挙後に医療や福祉の予算を削ろうとするのは、国民だましだ」と憤り、73歳の女性は「10%増税も社会保障改悪も困る。安倍首相は、なぜ弱者をいじめるのか」と嘆きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です