「盛岡でもデモし隊☆」が金曜デモ 生業裁判に拍手

「盛岡でもデモし隊☆」は2日、盛岡市で脱原発を求める232回目のデモ行進をし、19人が参加しました。

主催者は、福島原発事故生業訴訟で仙台高裁が国の責任を高裁レベルでは初めて認めたと報告。参加者らは拍手で喜び合いました。

75歳の男性は「仙台高裁が当たり前の判断をしてくれて、よかった。福島県民だけでなく私たちも励まされる。他の高裁判決も、これに続いてほしい」と話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です