「野党の議席増を」 市民ネットがアピール

市民と野党の共闘を呼びかける「いわて市民ネット」は6日、岩手県庁で記者会見し、総選挙にむけた県民へのアピールを発表しました。

アピールは、市民ネットは▽立憲主義に反する安保法制の廃止▽安倍政権による憲法9条改悪の阻止▽消費税10%中止▽被災者支援の強化ーーなどを求めると主張。立憲野党がこれらの政策を重く受けとめ、「安倍政権を退陣に追い込む同じ方向を持って全力でたたかう」ことを要望しています。

さらに、安倍暴走政治をストップさせるためには自公と補完勢力による3分の2の議席獲得を阻止し、小選挙区で野党統一候補と立憲野党の候補者を当選させる必要があると指摘。同時に比例代表でも立憲野党の議席を増やすことが大切だとして、「周りに声をかけあって衆院選に行こう」と訴えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です