憲法記念日の3日、盛岡市で、安倍9条改憲NO!全国市民アクション岩手の会が「5・3憲法集会inいわて」を開催しました。予想を上回る900人が参加し、会場は熱気に包まれました。

主催者からは、「3000万人署名が県内で11万7000人を突破した。目標の30万人を達成し、9条改憲を阻止しよう」との訴えがありました。

講演した首都大学東京の木村草太教授は、安倍政権が自衛隊の任務をあいまいにしたまま改憲発議をし、可決後に「集団的自衛権を含めて自衛隊が認められた」と言い出す危険性があると指摘しました。

達増拓也知事、高橋昌造・矢巾町長がメッセージを寄せ、日本共産党県委員会、民進党県連(代読)、自由党県連、社民党県連合が連帯のあいさつ。共産党の斉藤信副委員長は「市民と野党の共闘で安倍政権を退陣させよう」と強調しました。

集会後、参加者らは市内をパレード。「9条あるから平和があるね」とコールし、沿道から注目されました。