いわて労連が定期大会開催  木戸口参院議員出席

%ef%bc%91%ef%bc%96%e5%b9%b4%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%a6%e5%8a%b4%e9%80%a3%e3%81%8c%e5%a4%a7%e4%bc%9aいわて労連(金野耕治議長)は10日、盛岡市で第28回定期大会を開き、100人が参加しました。野党統一で当選した木戸口英司参院議員が連帯のあいさつを行い、大きな拍手を受けました。

金野議長は、台風10号豪雨災害の被災者にお悔みの言葉を述べ、「救援カンパを訴えたい。ボランティアも送り、国には大震災並みの支援を求めていく」と語りました。

安倍政権とのたたかいでは参院選で木戸口氏の議席を獲得し、一定の成果をあげたと強調。「激動の情勢のもと、自分たちの力で新しい歴史をつくろう」と呼びかけました。

中村健事務局長が2017年度運動方針を提起しました。

全労連の橋口紀塩事務局次長、日本共産党の菅原則勝県委員長らも激励のあいさつ。金野議長、中村事務局長をはじめとする新役員を選出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です