イレブンアクション 住宅再建支援金引き上げ求める

いわて労連(金野耕治議長)などは11日昼、盛岡市でイレブンアクション(被災者本位の復興と脱原発を求める宣伝行動)をしました。住宅再建に向けた支援金(現行300万円)の500万円への引き上げを要求する署名を集めました。

「3・11の日だから」と30分間で91人がサイン。60代の女性=盛岡市=は「周りにも、大船渡市や福島県から避難してきた人たちがいる。復興が進まなくて大変だと実感する」と話しました。

67歳の女性は「支援金が300万円では(自宅再建には)全然足りないよ」と賛同。17歳の男子高校生は「震災のとき、救援物資としてサンダルを被災地へ送った。自分にできることがあれば」と話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です