盛岡市で30日夜、森友疑惑の真相究明と安倍内閣の総辞職を求める3回目の市民デモが行われました。みんなで選挙♪市民勝手連いわて(ミナセンいわて)が呼びかけ、ベビーカーに乳児を乗せた母親など70人が参加しました。

出発前に日本共産党県委員会の斉藤信副委員長、社民党県連合の小西和子代表がスピーチ。斉藤氏は「国民の怒りと6野党の共闘の前進で、真相究明と安倍政権の退陣を実現させよう」と訴え、小西氏は「総辞職へ追い込み、9条改憲も阻止しよう」と呼びかけました。

自由党県連の小沢一郎代表、民進党県連の佐々木朋和幹事長からの連帯メッセージが代読されました。

参加者らは「安倍総理はいますぐやめて」「昭恵夫人は真相しゃべれ」などと唱和しながら、繁華街を行進。知人に誘われてきた78歳の男性は「佐川(宣寿・前財務省理財局長)氏が肝心な部分を証言しないのは、おかしい。周りの人たちも怒っている」と話しました。