一関市で12回目の「戦争法案ストップパレード」

一関デモ 17日、一関市の中心街で12回目の「戦争法案ストップパレード」が行われ、100人余が参加。「教え子は被災者支援のために自衛隊に入った。人殺しはさせない」(教員)などの訴えが続いた後、雨の中を行進し、「賛成議員は選挙で落とそう」と声を響かせました。同市千厩町でもスタンディングとデモに30人が参加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です