即時原発ゼロ!いわて労連などイレブンアクション

15年5月イレブンアクション いわて労連(金野耕治議長)などは11日昼、盛岡市でイレブンアクション(なくせ原発!署名宣伝行動)に取り組みました。

マイクを握った金野氏らは、安倍政権が再稼働を急ぐのは原発に群がる財界や電力業界のもうけを確保するためだと批判。原発即時ゼロの声を高め、国民の安全に責任を持つ政治への転換をはかろうと訴えました。

署名した55歳の女性=パート=は「原発で出る『核のゴミ』を確実に処分する方法はない。1基たりとも再稼働しないでほしい」と力を込めました。

70歳の女性は「原発があると、子や孫の将来が心配になる」と顔を曇らせ、50歳の男性公務員は「原発の安全性は確立されていない」と話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です